売り切れゴメン?ベンガルが訳あり価格並みに激安 |

材料もネットがあれば買える物が多いので大丈夫。ヤフオクAmazon.co.jpマーケットプレイスで、ひとの足元を見るようなとんでもない高値をつける出品者ばかりに呆れ果て(苦笑)、図書館にリクエストして必要箇所をコピーしたものを使っていましたが、このように写真が多い変型の書籍はやはり現物を手に入れるのがベスト。なんだか怖くてあまり本を開けなく必要なページのみ恐る恐るみる状態。

1月18日 オススメ商品♪

2017年01月18日 ランキング上位商品↑

ベンガルとっておきのインド・ベンガル料理 [ 佐々木裕子 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

写真がとてもきれいで、作ってみたくなります。タマリンドの酸味を甘酢煮とオールドな和風に表現したり、現地の瓜を日本で手に入りやすいピーマンに変えてピーマンの肉詰め風料理にたかとおもえば、コライ豆・オロホル豆など突然現地?の謎の名称をぶっこんできます。野菜だけで本格的なインド料理を作ってみたくて購入した。私はお肉は頂きませんが肉料理が思ったより多く載っていたし、現地の生活や市場の様子などが記されていたりその写真も豊富なのですが文化の違いとはいえ残酷な写真が載っていたりとショッキングな気分。味わいは優しいというより!ざっくりとドライな感じで!その辺りが本格的なイメージに感じます。とても勉強になっています。カレー以外のレシピが豊富ですし、マサラ作りのレシピも載っています。何年も品切れ状態が続き、版元の傾向からして再販はないものと思っていましたが、たまたま最近気づいてラッキーです。 料理食材がもう少し充実しているとなお良いです。ビーガンやアニマルライツの方にはオススメしません。結局!まともな価格で新品が入手できて大満足。内容は若干ちぐはぐです。ところどころ白黒ページとなっており、料理もレシピと簡単な手順のみ、手取り足取りではないため初心者向きではありません。スパイスもそんなに難しいものは使用されていない。現物を手にして、これからますます本書のレシピを試すのが楽しみに。インド料理関連本というのは、相当数国内でも出ていますが、両ベンガル(インドの西ベンガル州バングラデシュ)になじんでいる者の目から見ても、本当に著者が現地の料理文化を理解して、丁寧に本をつくっているという印象で、基本のスパイス類やレシピの解説も簡潔でわかりやすく、写真も料理の特性を伝えるように美しく、お勧めの良書です。以前から評判を聞き、再版願いの投票にも参加していました。。他のインド料理の本に比べると ちょっと高めに感じます。ベンガル料理のガラムマサラ・パンチホロン・チャットマサラの配合が乗っているのですが、そのページだけでも購入する価値はあります。珍しいベンガル料理の本であり!カレーマニアとしては興味津々でありお勧めです。趣味でずっとインド料理を習ってる者ですが!写真や文章からもただのレシピ本では終わらない!作り手の思いが伝わってくる評判通りの素敵な本です。重ねて言いますが、初心者向けの本では全くありません、カレーをスパイスから乾煎り・粉砕してつくるようなマニア向けの本としては珍しいベンガル料理の本なのでお勧めです。料理本のタイプとしては昭和スタイルの本です。ベジ料理や豆のスープなどバリエーションが多く!ベジカレーも数種類載っていた点評価。